野口 聡一宇宙飛行士 「カップヌードルミュージアム」 の名誉館長に就任

PDF (272KB)

「カップヌードルミュージアム」(正式名称:安藤百福発明記念館) の名誉館長に、野口聡一宇宙飛行士が2022年6月7日 (火) に就任したことをお知らせします。

3度の宇宙飛行を経験した野口聡一氏は、『次世代を担う子どもたちに夢を与える仕事をしたい』との思いを持っています。その思いは、安藤財団・創設者の安藤百福が抱いていた『子どもたちに発明・発見の大切さを伝えたい』との思いを具現化する場である「カップヌードルミュージアム」の設立趣旨に合致することから、この度の名誉館長就任に至ったものです。

「カップヌードルミュージアム」では、今後、野口聡一名誉館長による、子ども向けセミナーなどを実施する予定です。

■野口聡一名誉館長のコメント
私が生まれた街、横浜にある「カップヌードルミュージアム」の名誉館長に就任させていた だくことになり、とても光栄です。発明や発見の楽しさ、食の大切さ、そして夢に向かって 自分で考える姿勢を、子どもたちと一緒に学べる場にしていきたいと思います。


■野口聡一名誉館長 略歴
1965年4月 神奈川県横浜市生まれ
1991年3月 東京大学大学院工学系研究科航空学専攻修士課程修了
1991年4月 石川島播磨重工業株式会社 (現IHI) 研究開発部入社
1996年6月 宇宙開発事業団NASDA (現宇宙航空研究開発機構JAXA) 入社
1996年8月 米国航空宇宙局 (NASA) ジョンソン宇宙センター勤務
2005年7月 スペースシャトル「ディスカバリー号」によるSTS114ミッションに参加
2009年12月 日本人初のソユーズ宇宙船フライトエンジニアとして、ソユーズTMA17宇宙船(21S)に搭乗。国際宇宙ステーションISS第22次/第23次長期滞在クルーのフライトエンジニアとしてISSに約5カ月半滞在
2014年9月 国際NGO法人「世界宇宙飛行士会議」会長にアジア人で初めて就任
2020年11月 クルードラゴン宇宙船運用初号機 (Crew1) に搭乗、約5カ月半、第64次/第65次長期滞在クルーとしてISSに166日間滞在
2021年7月 「世界で初めて3種類の違う帰還(滑走路、地面、海面)を達成した宇宙飛行士」としてギネス世界記録に認定
2021年12月 東京大学先端科学技術研究センター特任教授就任
2022年6月 「カップヌードルミュージアム」名誉館長就任