安藤スポーツ・食文化振興財団について

活動理念 〜創設者の思い〜

食とスポーツは健康を支える両輪である

日清食品の創業者である安藤百福は、戦後の貧しい時代に食べるものがなく飢えに苦しむ人々の姿を見て、「食こそが人間が生きていく上で、いちばん大切なものである」と確信し、1958年に世界初のインスタントラーメン「チキンラーメン」を発明し、その後も世界初のカップめん「カップヌードル」を発明するなど、世界の食文化に革新をもたらしました。

しかし、経済的に豊かになり食も満たされる一方で、青少年の非行が大きな社会問題となっていることに胸を痛めた安藤百福は、子どもたちの健全な心身の育成のためには、スポーツによって溢れるエネルギーを発散させるべきであると考え、日清食品が創業25周年を迎えた1983年に、私財を提供して安藤スポーツ・食文化振興財団を設立しました。

以来、安藤財団では、創設者の思いである「食とスポーツは健康を支える両輪である」を理念として、子どもたちの健全な心身の育成のためのスポーツ振興事業と食文化の向上に貢献する事業に取り組んでまいりました。

安藤百福は2007年1月に96歳で永眠いたしましたが、これからもその思いを継承し活動を続けてまいります。

公益財団法人
安藤スポーツ・食文化振興財団創設者 安藤 百福

理事長挨拶

子どもたちの健全な心身の育成と食文化の発展のために

世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るい、さまざまな社会活動が制限される日々が続いています。子どもたちが長期にわたり、遊びと学びの時間を奪われ、不自由な生活を余儀なくされることに胸が痛みます。安藤財団では、このような時にこそ、未来を担う子どもたちの笑顔のために、より安全で、より充実した活動を進めたいと考えています。

2021年度も、子どもたちの健全な心身の育成と、食文化の発展に貢献するため、4つの公益事業に取り組んでいきます。

まず、陸上競技活動では、日本陸上競技連盟主催の「全国小学生陸上競技交流大会」を後援します。また、若手アスリートの海外挑戦を応援する「安藤財団グローバルチャレンジプロジェクト」を継続して実施し、小学生アスリートからトップレベルの選手まで幅広く支援、日本陸上界の強化育成に力を注ぎます。

自然体験活動では、「トム・ソーヤースクール企画コンテスト」を主催し、子どもたちの創造力や自活力を育む活動を支援します。同時に、自然体験は「歩く」ことが基本であり、ロングトレイルの普及・振興のために、日本列島を一本道でつなぐ「JAPAN TRAILプロジェクト」を応援します。

食文化活動では、食創会「安藤百福賞」表彰事業を実施しています。2020年度は、メタボリックシンドロームの提唱者で、アディポネクチンの発見者である松澤佑次氏に大賞 (副賞1,000万円) を贈呈しました。また、コロナ禍で食科学のイノベーションを停滞させてはならないとの思いから、日清食品株式会社と共同で給付型奨学金「日清食品・安藤百福Scholarship」を創設し、食科学の発展、振興を担う人材の育成に努めます。

安藤百福発明記念館の運営では、インスタントラーメンの歴史や体験工房を通じて、今後も子どもたちに安藤百福の創造的思考と発明・発見の大切さを伝えていきます。大阪池田、横浜の両館ともに、これからも安全対策を徹底し、運営してまいります。

今後とも当財団の活動に格別のご指導、ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

公益財団法人
安藤スポーツ・食文化振興財団理事長 安藤 宏基

財団概要

名称 公益財団法人 安藤スポーツ・食文化振興財団(ANDO FOUNDATION)
所在地 〒563-0041 大阪府池田市満寿美町8-25
設立 1983年3月25日 (2012年4月1日 公益財団法人に移行)
基本財産 日清食品ホールディングス(株)株式790万株及び現金5億5千万円
目的 「食とスポーツは健康を支える両輪である」という理念のもと、国民特に青少年のスポーツ振興を支援し、また食品科学の発展や発明心の涵養、食育を促進させる事業を行い、もって心身ともに健全な青少年の育成と食文化の向上に寄与することを目的とする。
事業 ● 青少年に対するスポーツの指導及び普及
● 青少年のためのスポーツの指導者育成及び施設の運営
● 優秀な学生又は生徒に対する奨学金の給与
● 海外からの留学生に対する奨学金の給与
● 青少年の体力向上に関する調査研究及びその成果の公表
● 国民の健康に資する食品科学の研究及び開発等の表彰、支援等
● 発明心の涵養、食育の促進及び食文化の振興発展に関する展示施設の運営
● その他この法人の目的を達成するために必要な事業